ローラメルシエのクッションファンデ。初めてでもキレイに仕上がる使い方

スポンサーリンク
ローラメルシエのクッションファンデ。初めてでもキレイに仕上がる使い方ファンデーション
ファンデーション

手軽に使えて簡単にツヤ肌になれるクッションファンデーション。

中でも仕上がりが自然なのにカバー力もあるローラメルシエのクッションファンデは肌がめっちゃ綺麗になります!

クッションファンデ初心者でも、簡単に綺麗に仕上がるコツをまとめました。

そもそも付け方、間違えてない?まずは塗り方

スタンプを押すようにつける。滑らせるのは厳禁

パウダーファンデーションのようにすべらせて塗っていませんか?

この塗り方、実はNGなんですよね・・・😨 ヒー・・・

クッションファンデーションはそもそもスタンプ押しで付けるように出来てるとか!

頬の一番高い部分から先につけて、徐々に外側へスライドさせるようにポンポンすると、自然に立体感のある仕上がりになります。

クッションファンデ=ポンポンスタンプ押し

覚えておきましょう!

量はスポンジ(パフ)の半分

ローラメルシエのクッションファンデーションの量の目安。スポンジに半分の量で半顔に塗れます。

クッションは薄くつけるのが鉄則

とにかく薄くがポイントです!

薄い膜を何枚か重ねるようなイメージでポンポンタッピングするとキレイですね✨

量はスポンジの半分で半顔塗れますよ👍

ファンデをスポンジ(パフ)に取りそのまま肌へはNG。厚塗りを防ぐ方法とは

これもあるあるだと思うのですが、スポンジに取ったらそのまま顔にのせていませんか?

このやり方も実はNGなんですよね・・・😨 ヒー・・・

かなり薄づきのファンデならアリだと思うんですが、ほぼほぼベタっとついて厚塗り感満載になってしまいます・・・💧

スポンジにファンデを取ったら量を調節する必要があります!

裏蓋で量を調節

ローラメルシエのクッションファンデーションの裏蓋。量の調節が出来ます。

ローラメルシエの裏蓋はメッシュのようなザラザラ面になっていて、量を調節するのにとても便利です。

スポンジにファンデを取り、裏蓋にポンポンするとスポンジにまだらについていたファンデも均一になり、塗りムラも防げます!

手の甲で量を調節する方法もありますが、ぶっちゃけファンデがもったいないし!笑

その点でも嬉しいですね。

カバーしたい部分は?

コスメの画像

薄くポンポン軽く叩くようにタッピング。よりカバーしたいところは後から付け足し

気になる箇所は後から重ね付けします。

クッションファンデって後から付け足してもムラにならないんですよ。めっちゃ楽チン!

軽いシミ、ニキビ跡程度ならコンシーラーはいらないですね。
(私はシミ、ニキビ跡があるのでコンシーラーは使いますが、少量で済んじゃいます!)

自分の肌がもともとキレイだったんじゃないか?って思うほど、自然で綺麗に仕上がりますよ✨

ローラメルシエは重ねても厚ぼったくならない!クッションファンデーションデビューにおすすめ

ローラメルシエのクッションは塗った感触もみずみずしくて軽いんですよ。

重さが全くないので、化粧直しで上から重ねても不思議とヨレたりしないんですよね。

マスク生活が長引いて、摩擦でとれたファンデを直すのがかなり楽になりました!

クッションファンデ、使ってみたいけどどれが良いんだろ?って迷っていたらローラメルシエをおすすめします✨

まとめ

一見、使いこなすのが難しそうなクッションファンデーション。

ローラメルシエのクッションはホント簡単にキレイなお肌が作れます!

使い方のコツをおさえて、簡単にキレイなツヤ肌を作っていきましょうね!☺️✨

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする
irodorirecipe